FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

 マンションで島バナナや野菜の養液水耕栽培を続ける記録。



トウガラシの落花のヒント?(本日3発目)

トウガラシの落花のことについて少し調べていたのだけれど…

やはり受粉の可否が有力な原因の予感。
どういうことかというと…


雌しべの柱頭に花粉がくっつくことで受粉するわけだけど。

花粉の入った葯(やく)が開く(開葯)タイミングが悪くて
受粉できずに花が終わってしまうことがあるのではないかということで。
花粉が間に合わない、という問題?


実はトウガラシでは気温によって開花と開葯のタイミングがずれる、
という研究結果をまとめた論文に行き着いたのですな。

実際…



去年のレッドサビナの花の写真を見ると花が開いてても紫色の葯が閉じている。

で今日のジョロキアの写真では…



花びらがしおれてきている開花の終わりの頃になって葯が開いている途中だ。

さらに今年の伏見甘長の土耕栽培。



こちらは開花のタイミングと開葯のタイミングがほぼ合ってるらしい。


つまりトウガラシは気温によっては受粉の確率が良くないということではと考えてみた。
で受粉できなかった花が落ちると。
結構いいセンいってるかも。(笑)

でもね…

人工受粉に数個でも成功すれば、
何故だか後は勝手にどんどん結実が増えるという事実を説明できない。

伏見甘長もレッドサビナもそうだったので不思議に思っているのだ。
数個だけでも受粉できればそれがきっかけになって
後はスムーズに受粉できるようにコントロールされるのかねぇ?

ツボミの時点で落ちてしまう症状もあるし…


まあとにかく…


人工授粉をやってみましょうや。
トウガラシは。
スポンサーサイト



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://banahaa.blog.fc2.com/tb.php/889-12d69bb8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ