fc2ブログ
トップ画像

ばなはー

 マンションで島バナナや野菜の養液水耕栽培を続ける記録。



「トマト」水耕育苗へ。

先日から室内ラック内に移動させてたトマト。

141210040.jpg

双葉がしっかりしたところで次の段階へ…

141210042.jpg

少々強引な詰め込み方だけど、水耕育苗へ。
この中から各種1本の苗を選ぶ予定。

今年のトマト2種はどちらもエアルーム系で、前にも書いた通り耐暑性を再優先して選んだもの。
何しろ夏のウチのベランダは「ローダウン」(=極端なツル下ろし)してたとはいえ、
輻射熱でトマトの果房が煮えてしまうとかいう条件。
いっその事、調理用トマトにしたら煮えても収穫したらすぐ喰えないか…とかバカ書いてたが、
生食トマトが好きなのでやっぱりやめた。

しかし何やら2種の苗が混じってしまってる可能性が…(苦)
葉の色が濃いの薄いの、根の長さが長いの短いの、2種類あって混じってるように見えてきた。
ちゃんと分けてたはずなのに、何でだ?

141210043.jpg

養液は大塚A処方のEC 0.3程度のもの。
やっぱり短い根っこの中に1本だけやたら根の長いのがある。

そして再び、室内ラックの中へ…

141210041.jpg

現在のラック内温度は15~20℃程度。
少々徒長はするだろうけど、ここが比較的温度が安定する場所なのでまあいいかと。

ここまではまずまずな調子で来てるので、なんとかこのまま大きくしたい。
何しろ育苗センスの無さは相当ヒドいと自分で自覚してるので、
今年は結構ここまでは慎重にやって来たつもり。
多分まだまだ甘いのだろうけど…(笑)

でもバナナの「栽培ベッドで催芽」は、かなり今年の育苗に効果が出そうな気がする。
スポンサーサイト



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ