fc2ブログ
トップ画像

ばなはー

 マンションで島バナナや野菜の養液水耕栽培を続ける記録。



養液栽培島バナナの状態をチェックしてみる。

盆休みモードでゆっくりな今週。
当地の猛暑日はどうやら9日くらい続いてたようだけど、
途中大気が乾燥した時期もあって意外にラクに過ごせた日もあった。
随分と体が慣れてきた感じもする。
人間やれば何とか成るものだと…


ベランダの方は午前中は暑いのであまり出ないようにしていて、
収穫と、潅水、養液補充位しか作業はしていない。
今日は養液チェックの日だったこともあったので、養液バナナをじっくりとチェックしてみた。

131180411.jpg

相変わらず間隔を空けずに連続して葉を繰り出してるので、結構葉は沢山になってきた。
養液の減りもおそらく今がピークのはず。
思ってたよりは減るスピードは遅いけど。

そろそろ気になってきてたのが、鉢の中の培地。
火山礫がコケてこないかということ。
そのためにわざわざ黒いビニールでマルチをして遮光しているのだけど…

131180413.jpg

元は山野草などの栽培に用いる軽石砂なので、
養液を吸い上げて表面でもやや湿った状態になっている。
ここまではコケの方は問題無さそう。

でも一番の心配は、そもそもバナナは水はけの悪い状態を嫌うハズということ。
病気が出やすい状態ともなりそうなので、よく観察して変化に早く気が付くようにしたいところ。

しかしさすがに水吸芽。

131180415.jpg

この背丈でこの葉の枚数。(笑)
ホントにイライラしますな。


ハダニの方は真夏のバロック散布がここまでは効果を出してくれたようで、
全くハダニを見かけなくなっている。
最近展開してる新しめの葉はきれいな状態を保っている。

毎朝の葉からこぼれ出る溢水もかなりなもので、
さすが水分が豊富な状態だけあってドンドン吸い上げてる。
何だか盆休みの間、両耳の穴から溢れるくらい酒飲んでる飼い主にソックリだ。(笑)
生長の遅いところといい、妙に親近感が湧いてきた。

何故バナナに興味を持ったのか、やっと解ってきた気がする…
スポンサーサイト



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ