FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

 マンションで島バナナや野菜の養液水耕栽培を続ける記録。



ゴーヤー8~9本目。(本日5発目)

今朝の収穫の目玉はゴーヤーだったのだが、思わぬ邪魔が入って少しビビる。

毎朝ゴーヤーのグリーンカーテンにはゴーヤーの花を目当てにミツバチ、
恐らくアオムシを探しに来るアシナガバチなどのハチが多くやってきている。

なので、ハチにはそんなに恐怖がないのだけれど今日は違った。

手すりに留まるハチにさほど注意もせずそばを通ろうとすると、
ハチの威嚇する気配にいつもと違うものを感じて注視した。



アシナガバチかと思ってたけど、何か顔怖いわな。
ひょっとして…


どうやら体の色から「キイロスズメバチ」かなと判明。


一定の範囲に入ると完璧に威嚇してくる。
休日の朝イチからケンカ売られるのはあまり心地いいものではないのだが…

でも刺されるのもさすがに嫌なので飛び去るまでしばらくは退避。



で、ようやく収穫開始!



今年はホントにゴーヤーに関しては栽培を始めて以来最高の出来。
願寿が願寿らしくなってるのはうれしい。



今日は2本。
28cmと25,5cmの良いサイズ。

2本とも実家に出荷とする。
まだ我が家にも先日収穫のストックが残ってるので…



ここにきて今年の教訓を1つ。



キュウリ「夏すずみ」はどうやら病気らしく草勢が完全に落ちた。



養液全交換も効果はなし。


いやこれ、すごく基本的なことを無視してたことがまず問題だったわけで。
ゴーヤーとキュウリなら一緒にしてもよいだろうと甘く考えたことがいけなかったんですな。

今回のゴーヤーの出来の良さに対してキュウリが短命になったのは、
両方に万能な養液をひとつの装置に管理できるわけがないという教訓だと思われ。

でさらに、キュウリの病気がゴーヤーにも転移しているよう。
先日発見したゴーヤーの葉の黄色い模様はそのまま「ベト病」になる気配をみせている。
ゴーヤーもそんなに引っぱれそうに無くなったわけだ。



さてさて…
今日の養液チェックでゴーヤー・キュウリの装置のpHは4,8になってたので新兵器を試してみた。



水耕栽培用の「pH調整剤アップ用」を使用してみる。

これはプロもpH調整に使用する「水酸化カリウム」水溶液。
「劇物」指定されてるので簡単に入手できないはずがすんなり入手。
何か拍子抜け。
でも使用時はゴム手袋着用での作業で慎重に。

わずか3ml注入するだけで70Lの養液がpH 4,8から5,4まで上昇。
さすがですな。

さらなる養液の沼の深みへ確実に沈んでいく管理人はもう助からないかも知れない。
スポンサーサイト



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://banahaa.blog.fc2.com/tb.php/1291-af510371

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ