FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2016年05月17日



「麗夏」の一番花と復調の「オレンジキャロル」。

「麗夏」はキレイに生長してきたのだけれど、
実は「オレンジキャロル」から病気をもらったぽい。
葉や茎に白い斑点性のモノが。

ウドンコにしてはおとなしいし、ベトにしては広がるのが遅い。

今のところ病名の判断まで出来ていない。
取りあえず重曹を強アルカリ水で希釈して、
中性洗剤を数滴垂らしたものを散布している。

そんなこんなでも…

161250536.jpg

一番花が開花。
まあ、悪くはないか。


「オレンジキャロル」は結実しなくなったことで、
数段の花段を諦めて切り落としたのが…

161250537.jpg

…功を奏したか。

161250539.jpg

復活してきた。

まだ残っている果房をちょくちょく収穫しては喰っているけれど、
気味が悪いくらいの高糖度。
甘すぎるのが好きではない管理人。
トマト喰ってる気がしない。
贅沢な文句かな?

でも「酸味7:甘味3」位が好みな管理人には、
今のこの「オレンジ」は「酸味0:甘味9」位に感じる。
あと1割、何か足りない感じだし…(苦)



先日の「やさいの時間」で福島のトマトの大型施設栽培が紹介されていた。
フェンロー温室にハイガター、ハイワイヤーの典型的なオランダ方式の固形培地耕。
こういった施設はたまに紹介されるようになってきてるけど、
スケールがデカくて、毎度ああいうのを見てるといいなぁと思ってしまう。

10m以上ツルをさばくくらいなのに比べると、
根圏の培地があまりに小さなココヤシピートの袋ってのが感心させられる。
時折いいヒントをくれる番組ですなぁ。
スポンサーサイト



今年の「伏見甘長」は収量2倍?

今月4日に「再」定植の「伏見甘長」。

161250540.jpg

そろそろシッカリとした生長が…

そして今回の苗は例年と少し違っている。

161250541.jpg

双葉の次が二又になったもの。
本当はこういうのは選ばないのが鉄則なのだけど…

毎年恒例の「伏見甘長」なのでタマにはこういうのもいいではないかと。
ひょっとしたら通常の2倍の収量が得られるかもしれない。(笑)

欲深い管理人には絶好の実験的栽培。
2倍採れたら笑ってしまうだろうな…と、早くもニヤニヤしてしまう。

もしそうなると、絶対どちらの「養液」も足りなくなるだろうなぁ。

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ