FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2014年03月16日



春なので養液の減りが速くなる。

「6号」バナナの養液調整を、今日はやっておいた方が良いかなと思ってたのに。

141210283.jpg

時間が無くなったのでとにかく減ってる分だけ加水するだけに。
かなり減り方が速くなってる。
やはり春ですな。
まだ下からは見えないけれど、次の新葉のヒゲは出現し始めている。

養液温度も現状で23℃設定から1℃だけ戻して、22℃程度を維持するように微調整している。
それでもほとんどヒーターのスイッチが入ってないようなので、
そのうちサーモスタットは外せるのではないかな。

141210288.jpg

この時期でこれだけの数の葉を青々と維持出来てるので、もうこれは越冬成功だろうと。
熱帯魚用エアレーションとサーモにヒーターで出来るのだから、やはり…

バナナ栽培は熱帯魚飼育と同じだ。

ただし部屋が一つ占領される、という厄介なコトが。(笑)
この養液加温型の養液栽培で室内越冬できたとしても、
さすがにベランダでコレをやって成功するとは考えにくいですな。
なんだかんだで寒い時は0℃前後まで下がってるし。
養液温度を上げればイケるかもと思うけど、高い温度を維持するコストを考えるとやりたくない。


まあとにかく…

ウチの島バナナ栽培ではこの方法が今のところベストな越冬方法なのだろうと。
今まではこの時期ボロボロに弱ってしまってたバナナが、これだけの姿見でいるのだから。
越冬という大きな壁に、大きな穴を開けられた実感がしっかりとありますなぁ。
行き詰まってたバナナ栽培が、また楽しくなってきた。
スポンサーサイト



2013年~「赤花絹莢」室内水耕栽培終了。

141210291.jpg

本日のんびりと撤収作業しようと思ってたら、いろいろ予定してなかった要件で出かけることに。

慌ててざっと撤収するハメになったので根周りの写真とかも撮れず。
何だかあっけなく終了してしまった。


今回の反省としては…

1,欲張って8株も載せたためにかえって収量が激減。
2,スタートする時期が遅くて初期の生育不良。

こんなところかな。

来シーズンはどうやったら8株載せても失敗しないか、考えてみよう。


…全然懲りてない、欲深い管理人なのだ。(笑)

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ