FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2014年02月11日



「催芽」失敗。

島バナナのレキ耕栽培装置の、栽培ベッドに入れてた発芽装置を5日経って取り出した。
ちょいと遅いかな?と恐る恐る開けてみると…

141200877.jpg

「トマトスプラウト」が出来ていた。(悲)

141200879.jpg

完全に使いものにならない「モヤシ」状態にガックリ。

やっぱりちょいと遅いか。
いちいち取り出して開けないと見えないのが、この方法のデメリットなのがよくわかった。(苦)

…というわけで、最初からやり直し。


このところの室温は年間最低レベルの13℃。
バナナの養液の温度が23℃強なのを考えると、催芽が上手くいってもその後が難しい。
ただでさえ育苗のセンスが無い管理人、結局まともな育苗は出来ないだろうな。(笑)

…というよりすでに催芽の時点でセンス無いのですな。
スポンサーサイト



悪夢はさらに…

毎日覗く室内ラックの中…

昨日までいなかったのに今朝突然発見してしまう。

141200876.jpg

まるでダメダメなチンゲンサイ「夏帝」の葉にハダニがチラホラと。


…たった一晩で突然こんなに憑くものなのかと愕然。


まさに神出鬼没で予防策が思いつかない。(悲)
現状ラック下段のレタス類には発生しておらず、この上段のチンゲンサイのみに発見している。

一体どうやって移動してるのかと…?

「赤花絹莢」やレタスにはしばらく見つからなくなってるが、バナナにもチラホラと見つけている。
とにかく見つけたら削除するしかない状態で、取り敢えずは大発生手前で食い止めてる次第。

…ホントに終りが見えないですな、害虫との闘いは。(疲)

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ