fc2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2013年09月29日



「礫耕島バナナ」とハダニと養液コントロール。

今朝の島バナナに発見したのは、葉の裏にまた憑いてたハダニ。
まだ憑くのか、とガックリきたけれど…

しばらくハダニの発生状況を見ていて気が付いたことが。

131190084.jpg

こんなに密接に鉢植え島バナナと礫耕島バナナがくっついてる。
なのに発生箇所は全て以前に殺ダニ剤「バロック」を散布した後に展開した、
「礫耕島バナナ」の比較的新しい薬剤のかかってない葉にしか憑いていない。

まだ薬効が残ってるというのか?
信じられないけど…

取り敢えず今朝は拭きとり処置をしておいた。
バナナの収監前に再度殺ダニ剤を散布する予定なので、それまでは薬剤は使えない。

131190090.jpg

みるみる株元は葉鞘を張り裂かん勢いで肥大している。
気温が下がってきてる割には勢いは落ちてないようだ。

展開済みの葉も改めてチェックしてみるが、ハダニの憑依と変形以外は…

131190085.jpg

131190087.jpg

まだまだ溢水もあって健康そのもの。

次の葉先も…

131190081.jpg

…と、ちょいとここは時間かかるようになってきたかも。
まだ伸びてるけど少し遅くなってきてる気がしないでもない。


本来今日は養液の減水分を補充してEC調整する予定だったけど、加水せずにそのまま。
徐々に液位を落として収監に備えねばならぬわけで。
そろそろ養液のコントロールの難しい、試行錯誤の日々が本格化することに。
養液栽培のバナナの初越冬、ここまで来たら何としても成功させたい。
スポンサーサイト



「伏見甘長」の急激な復調。

「伏見甘長」の養液5Lが3~4日しかもたない。
夏の間に不発だったウップンがここに来て一気に…(駑)

131190078.jpg

鈴なりのトウガラシが大きくなりにくいので摘果がてらの収穫。
これでも半分くらいしか採っていない。

こんな一度に結実されてもなぁ…(呆)

驚くのはこれだけ集中して結実したら草勢が落ちそうなものなのに…

131190089.jpg

見た目もそんなに元気が無いように見えるけど、実はとんでもない勢いで脇芽大発生。
そりゃあ養液がすぐ底をつくわけで。

131190083.jpg

こんなにまだまだ管理人用の養液のアテが…(笑)
早いうちに紙パック入りの25度の「麦」養液買っておかねば。

ということで「伏見甘長」も、管理人もここにきてまさかの燃費低下。
喜んで良いのかどうなのか…(苦)

「広巾ニラ」ついでにプチ追肥。

「島ラッキョウ」追肥のついでといっては何だけど…

131190094.jpg

同じIB化成を「広巾ニラ」にも。

ホントはこっちはもっと積極的に追肥した方が良かったのだけど、
草勢があまり良くなかったので止めてしまった。


それと、本日新たにタネ播き。
やっぱり秋播きの発芽が揃わないので、もう一度だけ播くことに。

「島ラッキョウ」秋のプチ追肥。

本日の作業、という程でもないけども…

131190092.jpg

「島ラッキョウ」に追肥を実施。
ホントは10月中旬~下旬位でいいかと思うけど、以前から考えてたとおりで少し早めに。

でも元肥もあるので1ヶ所にIB化成1粒という、なんともミミッちい追肥にしてみた。(笑)

131190093.jpg

ビンボー臭くなってしまったけど、
IB化成への信頼が絶大な管理人はこれくらいで様子を見てみたいのだ。

…コレで後は来春まで放置ですかな。

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ