FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2012年03月18日



養液を調べてみる。(本日3発目)

徒長した「タコ焼き2号」装置の養液を確認してみた。



写真左が2号。
カブ「スワン」とレタス類「マザーグリーン」「岡山サラダ菜」が載っかっている。
昨日加水しているので正確な数値を出せないのだけれども、右の1号の養液と比較してみた。

結果としては2号の養液EC値は1号養液の2倍近くの濃度になっていた可能性が。
何で?変えた覚えがないのに。

でもそれくらいで徒長するかしないかの違いが出るものなのか?

レタス類は定植時期が違うのでよく分からないし、
そもそも高温への耐性が1号装置の「晩抽レッドファイヤー」と同じくらいかどうかも分からない。

…これだけでは何もいえないかな?

条件が色々違ってるので原因特定はムリですな。(苦笑)


これからもしばらく我が家の葉物は「晩抽レッドファイヤー」頼みになりそうだ。
今から「マザーグリーン」や「岡山サラダ菜」播き直してもムリかな…(笑)
管理人はあきらめも悪い。
スポンサーサイト



2011年~「赤花絹莢」砂耕栽培終了。(本日2発目)

ミニダイコンと同じく砂プランターの「赤花絹莢」もサヤがデカくなる前にマメが膨らみ始め、
ついにはどう見ても枯れ始めていたのでしばらく放置していた。
その時点で諦めていたわけで。



本日ミニダイコンと同時に撤収ということで。

冬の間とはいっても結構収穫できたので思わぬ展開になったけれども完全な失敗とも言い切れず。
これなら室内で冬の間に育苗して春定植した方がうまくいくかもしれない。
冬の気候次第だとは思うけれども比較的温暖な当地の冬ならその方がよさそうな気がする。

でもコイツは次回はもう水耕でやりたいかな。

2011年~ミニダイコン終了。(本日1発目)

約8ヶ月に及んだミニダイコンの砂耕プランターを本日終了。



最後の2本を収穫。
もう小さくて笑うしかない。

ダイコンについては湛液水耕で試してみたいという思いはあるのだけれど、
果たしてそれなりの収量が見込めるのか不安もあるところ。
砂プランターを止めるかどうかは判断にまだ迷いがある。

湛液でなくとも何らかの水耕や固形培地耕がないかなと色々勉強中。
すっかり養液の沼にハマリ込んでいる。(笑)

というわけで砂耕栽培を続けるかどうかは今のところ不明。

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ