FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2012年01月05日



キヌサヤ若採り収穫。(本日5発目)

結構見つけられるようになってきたので「赤花絹莢」を早めに収穫。
今頃から負担をあまりかけるのはどうかと…



でも若採りという程でもないような獲物。(苦笑)

獲物はすぐに洗って塩をまぶして湯通しの上、みりんに浸して冷蔵庫へ。

スポンサーサイト



「オレンジキャロル」の木化!(本日4発目)

年明けは当地も寒波の影響で日中ずっと一桁の気温。
日差しがあると一気に15℃前後まで上がるようなのだけれど、ここ数日はそれもほとんどなし。
今朝はようやく一瞬の日差し。



しかしどんどん茎が太くなっていく生長点付近。
寒さ対策なのだろうか?

…で、ふと根元を見ると、



これは木化が始まってるようで。

ミニトマトの撤収作業にノコギリがいるようになるのか?
ちょっと複雑な心境。

そりゃぁ、めんどくさい。

というよりこのまま越冬出来て多年生ミニトマトとして栽培出来る可能性が出てきたか?
今伸びている4本の主枝がダメになっても根元から脇芽を伸ばして更新すれば可能かも…

ならば撤収しなくて良いのでラクチンだ。(笑)


やっぱり湛液水耕だとトマトには環境が「ユル過ぎる」気がしてきた。
営利栽培だと薄膜水耕やロックウール耕が一般的だし。
糖度を上げるにもその方がいいと思われるし…

真夏が全くダメな我が家のベランダではどんな方法がいいのか難しい。
もしこのまま通年で湛液水耕で出来るならばいっそのこと、
夏秋だけEC値を高く設定する「なんちゃって高糖度化」なんてのも思いついたけれど…
EC値のコントロールが難しそうだ。(苦)

とりあえずはこの木化してきた根元を春まで持たせることかな。
何か予想してなかった方向になってきた。

好調でもないけれど…(本日3発目)

葉ダイコンの育ちはまずまず、かなぁ?



やや遅い気もするけれど、他が悪すぎて良く分からなくなってきた。
しかし葉の色が驚くほど濃い。

健康状態は悪くないとは思うのだけれど…

室内でも天候が影響する?(本日2発目)

今のところかなりよろしくないレタス類の水耕栽培。



室内の葉菜密植装置から出したことで光量不足な予感。

どうしてもこの季節は曇り空が多くてなおさら室内では太陽光が届きにくい。
レタスそのものはそれ程の日照量が無くても育つと思うけれどこれではさすがに足らなさ過ぎ。

装置内に戻そうかなぁ?

「トウキチ4号」花苞は1cm程に。(本日1発目)

年明けに養液加水しただけの手間いらずなトウキチ4号。



「枝ぶり」が頼もしく見えてきた。(笑)
今までの鉢植えではここまではムリだった。

さすがに養液の補充は必要なので完全な「パッシブ水耕」とはいかないまでも、
手間のかからないセイロンベンケイソウには水耕栽培は向いてるかも。



花茎の分岐がどのくらいまで進むのかが気になっていたけれど、
どうやらそれほどでも無いようで…

まだ「大塚ハウス9号」足らんのか?(笑)

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ