FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2010年07月15日



pH低下の影響。(本日2発目)

本日完全休養。
先週に続いての予定外の残業続きでヘロヘロに。

実は休日出勤要請を断っての休日。
恥ずかしながらマジにダウン。
朝は起きたものの、その後不調を感じて夕方まで寝こむ始末。
昼メシ抜いてしもうた。


さて、何とか起きだしてきた夕方より養液チェックに。
ゴーヤー・キュウリ装置の養液が相変わらずpH下がりまくり。
今日測ったら何とpHは4,3!!

さすがにマズイな、コリャ。

で、キュウリにカルシウム欠乏の障害が出てると思い込んでたのがよく調べてみると…



葉の縁の黄変はどうやら「モリブデン欠乏」。
pHが下がると養液内のモリブデンを吸収しにくくなるという生理障害。

…モリブデンオイルの希釈液でも葉面散布してみるか?


大塚ハウスでは「1号」類と「5号」にモリブデンが入っている。
でもこの場合はモリブデンが不足してるのではなくて吸収できない状態なので
「1号」とか「5号」を足せばいいわけではない。
先述の通りで「pHが下がると養液内のモリブデンを吸収しにくくなる」わけなので、
やはりpHを上げるだけでいいはず。


しかし先日からこのpHアップに四苦八苦しているのが現状。
これは養液全交換しかないか?
でも体調がまだよろしくないので体力使うのは避けたい。
ということでやむを得ずあるものを利用してみることに。

「重曹」を70L養液に15gほど入れてみた。

(この方法は即効性はあるけれど多少養液のEC値にも響くのでおすすめは出来ない。)

数時間後に改めてpH測定してみると…

pH 6,0


何故だかわからんが測ったようにピッタリではないか!

まあこの方法だと一時的なゴマカシにしかならんと思うけど。
スポンサーサイト



強風と大雨。(本日1発目)

ここにきて空梅雨傾向だった当地も、梅雨末期の大雨が立て続けに。
ホントに「シトシト降り続く」といった降り方はなくなってしまった感覚。
突然マンホールが浮き上がるような雨が降ってはすぐに止んで、またしばらくすると…

今年はそんな雨にセットで突風が付いてくるのでさらにたちが悪い。
大阪に竜巻注意情報とかいうのが出ることなんて記憶にないし。
実際そんな注意報が出たと聞いてからふと思う。
どうやって竜巻に注意すりゃいいのだろうか?

もちろんベランダも突風に襲われる。
今のところはミニトマトが倒れかけたのとゴーヤーのカーテンが少し傷んだだけで済んでるけれど…

一番注意が必要なのはやはり「島バナナ」。
南国の果物だと風に強いと思われる人もいるかも知れないが、バナナは風に弱い。
今では常時ビニールロープで固定したままになっている。
ただでさえ風の強かった我が家のベランダなのだ。
大型の台風がやってくるとその都度室内に避難させてた位で。
今年のこの気候は実のところかなりヒヤヒヤものだったりする。

しかし…



新葉も折れることなく頑張ってますな。



たまたま運がいいだけなのかも知れないがペースは悪いものの、
大きなダメージを受けることも今のところなく毎日大きな葉をバサバサと揺らしている。



今週末で梅雨が終われば…

いよいよバナナが青空の下でゆったりと大きな葉を揺らす季節がやってくる!

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ