FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Date : 2010年06月



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュウリ初収穫。

昨日はまだ先細りで後2~3日位かなと思ってたのに…



たった一晩で普通にスーパーで見かける位のサイズのキュウリに。

初収穫になる実だし、あんまりデカくさせられんなと出勤前の僅かな時間で急いで収穫。



マンションのベランダ製にしては上出来だろうに…



どれくらいか一応測っておいた。
長さは22~23cmといったところ。

で、今夜の晩メシで既に腹の中へ。
やはり少々大塚ハウスの味が…



するわけがない。



まあ、とにかく…


まずは収穫にたどり着いて、喰えたのでキュウリ栽培は順調に…

と思われるかも知れないが…


実は次のキュウリが全然出来てきていないのだ。

節成系の品種のはずだが、ものの見事な雄花の節成。
デカい葉は「ゴーヤーの日よけ」になってしまいかねない勢い。
でも側枝を伸ばしてるわけでもないし…

このままではこの夏もうキュウリは喰えないのでは…


いや、ゴーヤーと伏見甘長がたくさん採れたらそれで文句はないのだけれど。

あ、島バナナもね。



キュウリが特別好きなわけでもないしあんまり期待してないけど、
適当に成ってくれたらまあそれでいいわな。



…一体何故キュウリにしたんだろうか?
自分でも既に思い出せなくなってしもうた。
スポンサーサイト

養液の泥沼に深くハマりこむ。(本日4発目)

ゴーヤーやキュウリのツルが伸びてくると気になっていたもの。



日が当たらねぇ…。
ただでさえ日照量不足になるというのに。

そうなることももちろん予想出来ていたので、検討していたことがある。
さらなる養液水耕栽培の深い養液沼にドップリと沈んでいこうではないか。



室内の装置改良着手。



ただし仮施工で。

中は…



こんな感じで…

上下段に植物育成灯(各20W×1本)を設置。
タイマーで照射時間を管理してみる。

さらにこのラック専用にエアレーションポンプも用意。
外を覆うのは100均で見つけた保温用「アルミ蒸着フィルム」。
保温とか遮光目的でなくて育成灯の照度不足を少しでも補うつもりで反射性のあるものを、
と考えてみたのだ。
そういう意味では少しは効果を上げてる模様だ。

育成灯の色合いが違うように見えるのは、
上段がP社製、下段がT社製で、実際に色はかなり異なる。

また、外を覆うフィルムは不透明に見えるけど実際には…



微妙に透過している。

たまたま見つけてきたフィルムだけれど…



何だかカッコエエ…
見た目だけはスゴそうに見えないか?



いやまあ…



見た目はともかく、
先述の通りいろいろ問題が出ると想定して完璧に作り込むところまではいっていない。

例えばフィルムは本来保温用なので、装置の中が育成灯の熱等で蒸さないか?とか…
やはり育成灯の照度不足がどの程度影響するか?とか…

改善点を見つけながら作りこんでいきたいと思っている。


遂に見た目だけは野菜工場っぽくなってきたか。
やはり格好から入る管理人の性根は治らない。

さらに切り詰める。(本日3発目)

背丈の高くなるミニトマトだが、さらに徒長もあって…



切っても切っても脇芽激伸び。
もうキュウリやゴーヤーと変わらない背丈。
これはマズイ。

やはり強風が怖い我が家のベランダではどうしても危険になる。

ここはさらに…



せっかく肥大しつつあるトマトもためにも…

頂上部を再度切り詰める。

でもせっかく咲いてた花もったいねえな。


ということで…



装置に差してみた。

まあ枯れるだろうけど…



ミニトマトも養液補充とEC調整を実施。
相変わらず減液が激しい。

そりゃ伸びるはずだわな。

…らしくなってきた!(本日2発目)

キュウリって話には聞いてたけど…



1日で驚くぐらいデカくなってる。

もうすぐ収穫できそうですな。

ゴーヤーに害虫。(本日1発目)

朝はまだ厚い曇り空だった。
薄暗いベランダに出て見つけたものは…



あれ?

どう見てもムシ喰い。
正体はなんだ?

こんな葉はたくさん見つかった。
葉の裏には小さなシャクトリムシ。

小さすぎて判別が難しいけどウリノメイガやヨトウ系ではなく、
どうやらウワバ系の幼虫っぽい。
せっせと「テデトール」駆除で10匹以上を駆除。
年々ゴーヤーにやってくる害虫は増えてるなぁ。

今年は実家のゴーヤーに黒いアブラムシが大発生するし、
正体不明のムシもやってきている。
ムシも必死に生き延びるために勢力を広げているわけですな。


今朝はゴーヤーやキュウリの枯れ始めてた下葉を取り除いてみる。



ボチボチベト病発生に気をつけないと。


ツルは順調に伸びている。



親ヅルを下段ヨコ方向に伸ばし、子ヅルをタテに…
今年の方針は今のところ予定通りに。


本日も養液補充とEC調整を実施。

展開した葉はキズだらけ。(本日5発目)

バナナの新しい緑の葉が自然と目に入るようになってきた。

まずは「5号」バナナ新葉は…



ほぼ展開完了。


そして子バナナの一つは…



もうちょいかな…


で、一番デカい「4号」バナナは…



展開終了…

…させてやった。

結局自力で開ききれそうになかったので管理人が開いてやったわけで。
しかしよく見ると…



なにか痛々しい葉だな。

時々このように傷んだ葉が出るけど、こいつは少しひどい感じ。
なかなかここまで傷んだ葉が出ることは今までの経験でもなかったこと。

展葉途中で一度停止したのが関係してるのかも、と推測。
今年はまだまだ気温が安定しきっていないのでこれからもこういう葉が出ることもあるかな?

しかし今日発表の3ヶ月予報は「猛暑・残暑」の夏予想。

バナナにとってはいいかも…(喜)
ゴーヤーや管理人には少し心配だが…

こちらも摘芯。(本日4発目)

ボチボチと受粉に成功した実は「らしく」なってきている。



キュウリと同じく肥大が速くて気持ちいい。



でも、さすがにタテに伸びすぎる。
先日本芯を摘芯したけど脇芽が結局止まらない。

マンション5階の風の強いベランダという状況を考えるとここは決断せねばならず…

脇芽の先も摘芯。


その代わり出来る限りのミニトマトを喰わせてくれ。

摘芯開始。(本日3発目)

キュウリと同居のゴーヤー(願寿)は順調に伸びている。



今年の方針は親ヅルをネット下端に水平方向に這わせ、
子ヅルを垂直方向に伸ばす作戦。

親ヅルはまだネットの反対側に届いていないが、
タテに伸ばしてる子ヅルはそろそろネット上端に到達し始めている。

ということで上端に届いた子ヅルは摘芯。

後は孫ヅル放任ということで。


しかしキュウリの葉がデカ過ぎてゴーヤー負けそうだ。
少し心配な現在の勢力関係の今後の行方は…

EC上方修正。(本日2発目)

先日とある理由で調整できなかったキュウリ・ゴーヤーの水耕装置の養液を調整。



キュウリは1番2番果が肥大せずこれが3番果。
さすがキュウリはデカくなるのが速い。

ということでEC 1.3からEC 2.3へ…

いや2.6まで上げるつもりだったのにまた誤差が…
管理人もまだまだですな。

一番花摘花。(本日1発目)

昨日咲いた水耕「伏見甘長」の一番花。
一応人工受粉させておいたのだが…



今朝摘花。

去年は蕾の状態でポロポロ落ちてたけど今年は引っ張っても取れない。
なんか期待できそうだ。

しかし去年と何が違うのか?
気温かな?


後は沢山の甘長トウガラシが実ることを祈る。

やはり失敗らしい。

不安に思ってたミニトマトの受粉の件。



やはりかなり失敗してるらしい。

2段目3段目の花段に明らかに大きくなってきてるのが「少し」見つかるものの、
1段目とか全然ダメらしく大きく肥大してこない。

「揺さぶり」不足だったのか?
なんかガックリ。

ミニトマトの受粉は簡単だと聞いていたけど、これは思わぬ誤算。

さらにEC上方修正。(本日3発目)

こちらもそろそろ開花の始まりそうな「伏見甘長」。



やはりEC上げておこう…



こちらも何故かEC 2.5に…

何か計算間違いしてるのか?
それとも安物ECメーターの誤差なのか?


まあ、いいか。

EC上方修正。(本日2発目)

そろそろ花もずいぶん咲き終わってきてるので気になってたことを…



EC 1.3位だと少し心もとない。

なので本日上方修正。



EC 2.6にしようとしたけれど、やや調整に失敗してEC 2.5に。

まあいいか…
ベランダ菜園だし。

活発になってきた?(本日1発目)

本日代休。
少しゆっくり目に起きてベランダへ…


一歩出て見上げると…



お?



「4号」新葉は全体の傾きのせいで自己展葉出来そうにないか…
でも一つ前の葉は見事に正常に。

今日は手助けせずにもう少しほっといてやろうか。(悪)


そして「5号」の新葉も近いうちに開き始めそう。



綺麗に立ち上がっているし、少し緩んできてるかな?



こちらは子バナナの新葉。
早朝は立ち上がってなかったけど、数時間でこの状態に。


どうやら雨の少ない、もしくはまとまって大雨になりそうな梅雨になるのかな?
どんよりと暗い空ではあるけれど、
その下でどんどん空、いや天井に向かって伸びる島バナナたちの元気さが頼もしい。

試食。(本日8発目)



パッシブ水耕の「バターレタス」「グリーンウェーブ」のレタス2種と、
ついでに「グリーンマスタード」を試食。


試食といえど…


ここまで長かった。


何でレタスの水耕でこんなに時間がかかってしまったのか?



感想…

正直食感は物足りんが、やはり室内で育ててムシ喰いの無い綺麗なレタスは魅力的だ。
喰う直前に葉をむしりとってそのまま喰える贅沢さも堪らない。

改めてレタス量産化を目指したいと強く志を…


待て、いつのまに「志」になってるんだ?
「ばななはあと」管理人たるもの道を外しすぎてはいかん。

2010年度密植装置稼働。(本日7発目)

さて今日のメインイベントは?


先日テキトーに作った「湛液型」育苗装置でテキトーに育てた苗が、



見事に徒長したので、(悲)

装置に移してやろうかと。


いや、でもこの湛液育苗はほぼ期待通りになった。

なぜこんなことを始めたかというと…



根っこが長く伸びてくれる。
つまりそのまま「湛液型水耕装置」に移し変えやすいのだ。

普通に育苗してると根が丸まってしまって
水耕装置へ移すと養液に届かなかったりすることもあった。

これなら都合がよい。


というわけで…



「密植装置」稼働。

いまいち密植になってないけど…



装置に載ったのは「コマツナ」をメインに「葉大根」「カブ」「グリーンウェーブ」あたり。



…やはり



徒長しまくるんだろうな…

何かが間違っている。(本日6発目)

少々アザミウマの被害が出ているものの特に病気はなく順調な「夏すずみ」。

しかし何と言うか…
気に入らない姿が目立ってきた。


葉っぱは…



デカくなり過ぎだろうに…


キュウリは…



デカくならねぇ。(悲)

大塚ハウス9号効果全く見られず。


窒素過多なのか?

アミノハウス1号減らしたりしてみるべきか?
しかし同じ装置にゴーヤーも同居してるしなぁ。

一番花間近。(本日5発目)

水耕「伏見甘長」には一番花の蕾が目立ってきた。



基本取り除く予定なのだけれど、強制受粉させてから取ってしまおうかと考えている。
その方がその後の実つきが良くならないかなという姑息な考え。

やはり「伏見甘長」は…


たくさん喰いたいのだ。

不安と摘芯。(本日4発目)

ベランダ手すりの高さを超えてるミニトマトへの決断は…



やはり強風対策には仕方ない。

…ということで花段3段目で摘芯実施。
(花段4段目直下で摘芯。)

仕方ないですな。



開花も進んできて気になり始めたこと、というか不安。


その1。

ちゃんと受粉できてるのだろうか?



トマトの受粉って見た目「確実に受粉出来た」っていう感覚が薄い感じが。


その2。

雨にかかる場所に装置があるので、当然雨がトマトに…

やはりよろしくないのだろうか?



これからがミニトマトについては手のかかるところですかな?
トリ対策も考えねばならんし、養液設定も未だこれからどうするかはっきり決めてないし。

さらに散髪。(本日3発目)

さらにさらに、もっと長いこと放ったらかしの水耕島ラッキョウ。

養液追加とこちらも散髪実行。



やはり波平以下になった。



これ以上続ける理由があるのか?
コイツらは継続実験すべきかどうか検討中。

散髪。(本日2発目)

収穫せずに放ったらかしにしてた砂耕島ラッキョウを…



散髪した。

サッパリ!
波平以下になった。

また生えてくるんだろうか?

子バナナに新葉。(本日1発目)

曇の日曜日。
雨はパラつくけど、どうやら雨少なめな梅雨傾向かな?
まとまって降ってくれたらそれでいいけど。



子バナナの1つに新葉のヒゲが出てた。



結構露出度高いではないか!
何で昨日まで気がつかなかったのか?

本格的にそれぞれのバナナが活発になってきてるのでまあいいけれど。


今日は「4号」「5号」にIB化成肥の定期追肥と硫酸加里哺乳瓶追肥を実施。
これから夏の間は攻めますぜ。

確実にバナナの季節に…

夜のうちに立ち上がっていたらしい。



「5号」バナナに新葉。

ペースは遅いけれど確実にバナナの好きな夏になってきている。


そして「4号」バナナの方は…



まだまだ…(笑)


でも一つ前の葉が地味に寝返りを打ち始めてるのがよくわかる。
葉の根元の方はすでに正常な向きになっているといってもいい。

しっかりとバナナなりに生長しつづけてるのが確認出来れば、これで今日1日ホッと出来るのだ。

ゆったりと…しすぎ。(本日5発目)

梅雨入り宣言の翌日から梅雨明けしたかのような天気。

気象庁ナメられてるな。(笑)

今日もとんでもなく真夏な日。
これくらい気温上がれば我が家の「4号」島バナナだって…



…まだ開いてないのか、おい。
ゆったりと葉を伸ばすバナナの辺りだけ、「超」沖縄時間になってるわな。

どうもチグハグな、
噛みあっていない時間の流れに調子が狂わされそうなのには慣れてるはずなのだけど。

何だかイライラが…

イカンな、管理人はバナナにナメられてるのか?

徒長激しく。(本日4発目)

未だもって我が家ではうまく成功したことの無い「レタス水耕」。
普通はそんな難しくないはずなのに。

で、現在パッシブで育てている「バターレタス」と「グリーンウェーブ」はそれなりに大きくなってきた。

ただし…



これではレタスの姿には見えん。

玉レタスには程遠い「バターレタス」のヒドイ徒長。(苦笑)
太陽光が比較的少なくてもいいからと言っても日照量少なすぎということですな。

まあ今回は喰えることは喰えそうなのでそれはそれで進歩してるのだけど。

養液調整しなくても?(本日3発目)

今年の「伏見甘長」水耕では去年と違う「?」なことが起こっている。



去年より小さくまとまってる姿見もそうだが、養液消費が殆どない。
ECも下がりにくい。

ミニトマトとは全く正反対。

去年はやはり生長なりの養液消費もあったのに、今年のこの違いは何が原因なんだろうか?

全くもって見当がつかん。

養液調整。(本日2発目)

現在、一番養液消費量が多いのはミニトマト「オレンジキャロル」。



すっかりデカくなった。
ミニトマトは元々背丈が高くなるのだが、
それでも養液栽培にありがちなやや徒長気味の立ち姿。

花段3段で摘芯した方がいいかもしれない。
風の強いこのベランダでは少し心配になってきた。

摘芯して脇芽に期待する方が合ってるかも…



今日は養液の補充とEC調整。
EC 1.3に調整。

何とか定着。(本日1発目)

簡単にスタートさせたセイロンベンケイソウ水耕栽培。

実は瀕死の状態が続いていた。


で、昨夜あたりから回復の兆候が見られていたのだが…



今朝は葉がしっかりと支えられて「ピンッ!」としてきた。

養液EC 1.3スタートはやはり濃すぎた。
葉の一部が壊死してしまっている。

それでも非常に強い生命力の植物だけにちゃんと適応してきた。
今後はEC調整ちゃんと手抜きなしでやらねば。

セイロンベンケイソウ養液水耕開始。(本日6発目)

そろそろ「葉から芽」の芽が大きくなって元の葉が枯れてきていた。
なので今日はいよいよセイロンベンケイソウの養液水耕を立ち上げる。


…とはいっても実はまだ装置が出来ていなかったわな。
他の作業を終えたあと昼前から装置の仕上げにかかる。

材料は…



プラのゴミ箱とペン立て(側面がメッシュ状になってるもの)、それに発泡スチロール。

装置のイメージ的には…



こんな感じで。

ゴミ箱製の本体上に発泡スチロールでフタをして、中央のペン立て内に「培地」を入れて苗を固定。
側面のメッシュ部分から養液槽内に根が伸びてくれ、という構想。
根の伸びるハズの養液槽を広くとるために苗を固定する部分は出来るだけ小さく、
と考えてペン立てにしてみた。
構造的には島ラッキョウの装置と同じようなもんで。

あとは装置全体に遮光処理をして養液をセット。



で、こんな感じに。

支柱もどうせ必要になるので先に取り付けてある。



培地には熱帯魚飼育用の水槽の底に敷き詰める石(レキ)を選んでみた。

他と同じく「大塚A処方」に5号9号入りで開始。
養液ECは今日の他の作業の成り行きでEC 1.3に。(笑)


移動のことも考えて現時点では「パッシブ」装置になっている。
エアレーションは後からでも取り付け可能なので必要と判断すれば後付も考えてみる。



しかし…



そこまでして沖縄では道端に生えてて雑草扱いに近いこのセイロンベンケイソウに
ここまでする必要あるんだろうか?

いやこれはただの養液水耕ではないのだ。
この先考える「養液水耕島バナナ」の装置製作のノウハウを積み重ねるという重要な位置付けが…

養液沼の底にはまだ足がつきそうにない。(苦笑)

2010年度発芽装置。(本日5発目)

どうも相変わらず育苗がヘタな管理人。
特に葉菜類はことごとくうまくいかん。

なので新たに「養液発芽装置」的なものをとりあえず作ってみた。



コンテナに養液を溜め、プラグトレーを浮かせる。
そして各穴に換気扇フィルターを小さく切ったものを入れてその上にタネを載せている。
養液水位はもちろんタネが湿るくらいに。

いわばこのタネまきの時点から「湛液型」にしてみた。
ただ手抜きな匂いがプンプンしてるけど…(笑)



「養液の沼」も深い。
どんどん深みにハマっていく。

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。