FC2ブログ
トップ画像

ばなはー

Category : ズッキーニ水耕栽培



「ダイナー」の斑点に砂糖水で攻撃してみる。(本日1発目)

ズッキーニ「ダイナー」の白い斑点は手に負えなくなりつつあり、
とうとう2番株が弱り始めているのがハッキリ見えてきた。
葉がどんどん黄変してて、せっかくついてた雌花の蕾も黄色くなり始めている。
一部は明らかなウドンコになっていた。

この白い斑点は営農家の師匠に聞いてもよく分からなかった。
白い菌糸の斑点だとやはり普通はそのままウドンコになるのが普通だということで。
なのにウチのヤツは「ウドンコ」にもなるけれど、
そこから黄色い斑点に変化してさらに「ベト」やら「斑点細菌病」やらに変わっていく。
営農家の師匠曰く…

「ヘンな病気だけは流行らせんといてよ。」



こうなればやはり…



「砂糖水」を作ってみた。

材料は…

黒砂糖(含蜜糖)
粘着くん原液少量(展着剤として)

…を水で適当に希釈。
大体5%程度の希釈になってると思われ…
効果があるのかどうか半信半疑ながらとにかくやるだけやってみようということで。

使用前は…



そして使用後…



一応綺麗になったように見えるけれど…

全部きれいに一掃できてるのかは数日は観察しないとわからないかな?


しかし2番株の雌花がほとんど枯れだしてるのは痛い。



今年は失敗してもいいかと最初は考えていたけれど、
ここまでデカくなってくれたら少し欲が出てきた。

…いや少しどころでは無いかも。(笑)



1番株の方はまだ状態は良さそう。

でもここに来て雌花の比率が圧倒的に多くなってきている。
今度は雄花が足りなくなりそうだ。

本日は両方の養液を補充。
養液の減りもそろそろ速くなってきた。

「ダイナー」一進一退。(本日1発目)

「ダイナー」の斑点はもう重曹希釈水では抑えられなくなってしまった。
毎日散布しても毎日再発という無意味な状況。

今日はとうとう「クエン酸希釈水」を散布してみる。
多分意味ないけど…

この際「砂糖水」も試してみるかな?
あまりの被害拡大にヤケクソになってきた。(苦笑)



今日は枯れてきた下葉を取り除いたりしてサッと作業完了。

でもそろそろ雌花がたくさんついてきてるので結実ラッシュになりそう。

…なるのかな?
斑点がここまでヒドいと心配になってきた。

「ダイナー」受粉。(本日1発目)

今朝も寝過ごして6時起床。

マズい。



しおれ始める「ダイナー」の2番株の雌花に1番株の雄花を持ってきて受粉。
とりあえずイケたかな?


昨晩から強風がベランダに吹きつけていて、かなりあおられてるベランダの野菜たち。
「ダイナー」も2番株がまたもや傾き始めたので帰宅後に再度固定しなおし。

それと斑点もこのところ毎日のように現れてるので、毎日のように重曹希釈水を散布している。
どうやら耐性がついたのか効果がなくなってきたように思える。



困ったことに1番株にはアブラムシが発生。
梅雨入りしてもまだ飛んできてる模様。

毎年ベランダの病害虫はひどいものだけど、今年はその中でも相当ひどい方ですな。
この「ダイナー」がこれほど斑点にやられるとは思っても見なかった。

養液の管理はラク出来るようになったのに、まさか病害虫の駆逐でこんなに忙しくなるとは…(苦笑)

斑点猛威。(本日1発目)

今朝は完全に寝過ごす。

休日なのでそれでもいいとは思うけれど、
そろそろ咲きそうな「ダイナー」の雌花が気になって慌ててベランダへ。(笑)



咲いてなかった。

それにしても斑点が一向に収まる気配なく、いくら重曹希釈水を散布しても再発しまくり。
葉っぱだけでなくて葉柄にまで斑点が出てきた。
一部の葉には白い菌糸の斑点から完全にウドンコになろうとしてるのも発見。
この白い斑点はウドンコにもベトにも斑点細菌病にも自在に化けられるのか?

うちのベランダには斑点細菌病の地縛霊ならぬ地縛菌でもいるんではないかと…
ホントに「お札」か「お祓い」が必要だ。

「ダイナー」への今日の作業は…

1番株への養液補充。
2番株への加水。
重曹希釈水葉面散布。
朽ち落ちてきた下葉の除去。

…といったところ。

このところちょいと勢いが落ちてきてるので摘花とかしてもいいかなと思ったけれど、
他の作業もいろいろあるので諦めた。

次の雌花の開花が来そうで来なくなった。
これはこれで予測できないので毎日早起きしないといけなくなってしまう。
結局寝不足の解消はいつになるのやら。(悲)

「ダイナー」の傾きを調整してみる。(本日1発目)

斑点細菌病らしき斑点の発生はあるものの、順調に大きく生長してくれてる「ダイナー」だけど…



足の踏み場が無くなってきた。(苦笑)

一株のサイズは直径1m程度に。
これ以上にはならないと願いたいところ。
路地植えサイズなら直径は2m位にはなるかと…
そんなことになったらもうベランダの奥には行けなくなる。(笑)

でも邪魔なのを少しでも何とかしておきたいので…



傾いてる2番株をちゃんと直立させたい。
元々保水シートを養液に浮かべる方式のこの装置は、
ズッキーニにも適さないわけで傾いてくるのは仕方のないところ。
麻ヒモを使って株を直接装置に固定して直立させてみようと…

あれ?



斑点さらに再発。(悲)


重曹希釈水を撒きながら株の矯正も完了。(疲)



やっと奥までの通路が復活。


それにしても…

なんだかもうベランダでは無くなってる感が。
「水耕ベランダ装置」とでも言った方がよさそうな。

プロフィール

K_ichi

Author:K_ichi
「何とかバナナハートだけでも見たい」とマンションのベランダで島バナナを育て始めたことから、ついには養液の泥沼に陥る記録。
でもバナナは家庭菜園に入りますか?

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング

Top

バナナ